ブルーダイヤ

ブログやるならJUGEM
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | -
    << しなやかな曲線をつくるウエスト | main |

    妻の浮気が原因でも夫は財産分与の義務がある

    0

      慰謝料というのは、有責配偶者に対し、被った精神的苦痛を償うための金銭的請求なので、既婚に至ったことについて、相手方に責任がないという場合には、この慰謝料の支払い請求は認められないというこになります。

      ところが、財産分与の場合はこれに当てはまりません。財産分与というのは、慰謝料的性格を持つものは認められませんが、それまで夫婦双方が協力して得た財産を生産する性質、さらには、生活の基盤がない相手に対する扶養料としての支払い、という性質の二つについては、財産分与の請求をすることができます。

      したがって、逆に夫から妻に対し、妻に不貞行為があるということで離婚請求が起こされた場合に、その請求が認められるという場合であっても、妻側から夫へ財産分与の請求は認められるということになります。

      つまり、不貞行為を働いた者であっても、財産分与の請求をする権利があるということになります。もっとも、財産分与にあたっては、当事者双方の一切の事情を考慮しますので、不貞行為があったという点が微妙に影響してくるのは否定できないところがあります。
      夫としても、妻に、不貞行為があったという点をとらえて、なぜ金銭を支払わなければならないのかということで、激しい応酬が予想されるところです。

      http://komitu8.html.xdomain.jp

      日記 | permalink | comments(0) | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | -

        この記事に対するコメント

        コメントする